ブラックリストにも期間がある?

どうしてもお金がない。そんな状況は誰にでも一度は起こり得る事態だと思います。そして、そうした時に心強いのが金融会社です。月の支払いすらできない状況では、どうしても頼らざるを得ない時もあるでしょう。

 

しかし、何らかの事態によって金融事故を起こした場合には、困った事になるでしょう。返済が遅れたり、あるいは自己破産したりといった状況に陥ってしまうと、その情報は信用情報機関にデータとして登録され、各金融会社はそれを照合できるようになってしまうのです。これが俗にいう、「ブラックリストに載る」という事です。

 

実際にブラックリストというリストはありませんが、この情報機関にデータが残ってしまうと、大手金融会社からお金を借りる事ができなくなってしまいます。また、キャッシングカードを作成する事もできなくなります。

 

では、一度でもブラックの仲間入りを果たしてしまうと、もう融資もできなければカードの作成もできないのか。そう思う方は大勢いますが、そういった事はありません。ブラックリストに名前が載ってしまっても、期間が過ぎればデータは消えるのです。

 

時折、「ブラックリストから名前を消す方法」「ブラックリストから名前を消します」などといった謳い文句を目にしますが、お金や裏技めいた事でデータを消す事は事実上不可能です。返済の延滞などで5年、自己破産で10年ほどの期間が過ぎて、その時初めてデータが消えるのです。そして期間が過ぎてデータが消えると、大手の金融会社やキャッシングカードを利用できるようになります。

 

この期間が過ぎるとブラックリストから名前が消える、というのは意外と知られていない事実で、知らないがために騙されてしまう人も多いようです。金融問題はしっかりとしたした知識を身に着ける事が重要だと言えるでしょう。